FC2ブログ

武蔵野の春

sola日記
03 /31 2018
月1のSFです。
埼玉出身の私は、本作り空Solaのある、新座市に来ると武蔵野の風景を思い出して気持ちがほっこりします。

特に春からのこの季節!

image2.jpeg

image1.jpeg
バス停「団地センター」近く


ケヤキの芽吹きが始まり、コナラ、クヌギ。雑木林の萌黄色がうつくしい。

私が住んでいた与野市、浦和市の少し昔の風景に似ています。
今は、さいたま市として政令指定都市になり、帰るたびに近くの林や神社、竹林の風景が少なくなっていくような。
整備されて管理された土地になっていくのは安全安心につながるので、子育て世代にはよいのかもしれませんね。

そう思いつつも、80年代、90年代には残っていた、ドラえもんの土管がある空き地みたいな「名付けようのない場所」や野原、用水路のドジョウ、田んぼの畔でセリ摘みを懐かしく思い出してしまう春。
Solaの周りは原風景を感じさせてくれる、そんな場所です。

(SF)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaのスタッフが交代で更新します。お気に入りの絵本や、「旅」の思い出、日常のヒトコマなどを綴っていきます。どうぞのぞきにきてください。