FC2ブログ

ふたたび

sola日記
02 /02 2018
またまた雪。


朝、事務所にくるとき、道にてぶくろがかたっぽだけおちているのをみつけました。


雪ふるなか、片われとはなればなれでひとりしずかに。

おとした人もさむいと思うけど、おとされたてぶくろもとってもさむそう。



ということで、こちらを。


『てぶくろ』、ウクライナ民話、エウゲーニー・M・ラチョフ/え、うちだりさこ/やく、福音館書店


これもおとされてしまったてぶくろだけれど、こちらはあったかそうですよ。

おじいさんのおとしたてぶくろに、森の動物たちがつぎつぎと入っていきます。


ただのてぶくろなのに、動物たちがふえるたびにだんだんおうちのようになっていく。

てぶくろは動物でぎゅうぎゅうです。
最後はいったいどうなるのかしら?






こんどの雪もまたつもるのかな。

私は先週末雪山にいってきましたが、雪国の雪って東京の比じゃないですね。


宿の窓も、雪で埋もれるくらい。


だけど、白くてしずかで神秘的。
雪の世界ってきれいな世界ですね。




ちなみに、スノーボードは数年ぶりでしたが、わりとすべれました!


スノボの話をしたらいくまえに、ラクダリーダーからは、ほんとにすべれるのかあやしいぞという目でみられましたが……



運動が得意かどうかはべつとして、運動神経自体は意外とあるんだから。




自分でいっちゃうくらいにはね。


(N)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaのスタッフが交代で更新します。お気に入りの絵本や、「旅」の思い出、日常のヒトコマなどを綴っていきます。どうぞのぞきにきてください。