外国の児童書専門店を訪ねて(フランス編)

sola日記
07 /25 2017
少し前になりますが、お休みを頂いてフランスに行ってきました。

近年、海外旅行の折に必ず立ち寄るのが、外国の児童書専門店。
今回の旅行で訪れたのはこちら。

chantelvre4.jpg

フランスの有名な児童書出版社L’Ecole des loisirs(エコール・デ・ロワジール)が経営している、Chantelivre(シャントリーブル)というお店です。
パリ6区のサンジェルマン・デ・プレという地区にあります。古くからパリの文化活動の中心地であったこの街は、セーヌ川右岸(オペラ地区など)のにぎわいとはまた違う、落ち着いた雰囲気を醸しています。書店の周辺では、子どもをつれたお母さんたちが道で談笑する姿など、パリに暮らす人たちの普段の生活を垣間見ることもできました。

店内の品ぞろえは日本と同様に、絵本、読み物、図鑑、それにMANGAなど。絵本はフランス国内の絵本と同じくらい翻訳絵本が充実していて、日本の絵本もたくさん見つけることができました。特に、いわむらかずおさんと林明子さんの絵本が大変人気があるようでした。

日本では児童書に関する研究書やブックガイドなども並んでいますが、そういった本はないようでした。そもそもフランスのアマゾンなどで検索してもほとんど出てこないので、フランスではあまり出版されないジャンルなのでしょうか? そこに文化的な違いがあるのか、研究してみたいとも思います。

帰国後の楽しみは、日本に持ち帰った絵本を読むこと。
絵本を並べた本棚を眺めながら、しばらく旅の思い出に浸りたいと思います。(Y)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaも今年で13回目の春を迎えます。
新しいスタッフとともに「Solaスタッフブログ」を始めてみることにしました。
四季の移り変わり、本や子どもをめぐる雑感などをゆっくりしたペースで綴っていこうと思います。気が向いたらのぞきにきてください。