空だけに

sola日記
07 /25 2017

まえに印象派の絵画がすきだというお話をしましたが、

夏の空を見上げるとたまに絵がかかっていると思うことがあります。
(私が、夏もまぁいいかもしれないと思う瞬間その2)

このときは、空にモネがかかっていました。
201707251523415aa.jpg


とってもきれいな空の色。

日が沈むとき、
空はこんな色で世界をつつむことがあるんですね。


空の色は、世界の色。


ということで、こちらをどうぞ。
よあけ

『よあけ』ユリー・シュルヴィッツ/作・画、瀬田貞二/訳、福音館書店


しずかにしずかに、
それはそれはうつくしく、
空の色が世界をつつみこんでいきます。


私がみた空のモネは夕方ですが、
こちらは夜明け。

ゆっくりとときがながれ、
世界がだんだんとすがたをかえていく。

そんな瞬間の絵本。



きれいな空をみると、
目にもしっかり焼きつけて、写真にもしっかりのこします。

次回の記事でも、私のきれいな空コレクションから1枚と1冊を紹介しようかしら。

Solaだけに。

20170725152425c7c.jpg


(最後ひとこといらなかった?)


(N)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaも今年で13回目の春を迎えます。
新しいスタッフとともに「Solaスタッフブログ」を始めてみることにしました。
四季の移り変わり、本や子どもをめぐる雑感などをゆっくりしたペースで綴っていこうと思います。
気が向いたらのぞきにきてください。

※スタッフ紹介を現在作成中です。しばらくお待ちください。