FC2ブログ

ゆたんぽ

sola日記
01 /31 2019
またまたお久しぶりになってしまいました。
リスのNです。


さむい日がつづきますね。

私は最近ものすごーーーくさむがりになったみたいです。(あついのも嫌)

というか、さむがりの自覚はあまりなかったのに周囲から「異常にさむがりだよね」と最近よくいわれます。


そんなさむがりがすぎて、秋すぎから家に帰ると毛布にくるまってソファーにねっころがったらもう最後。ソファーと一体化してしまって、もうなにもできない。

そんな日々がつづいたので、見かねた同居人がこたつを買ってくれました。



こたつってあったかい。
こたつってしあわせ。

まあ、こたつからも出ないからソファーのときとそんなに状況は変わらないんですけどね。


夜は、なんとかこたつからでてベッドへ。
おふとんがあったまるまで「つめたいよーもーやだよー」とひとりで文句をいいながら足をしゃかしゃかさせています。
(末端冷え症のくせに寝るときにくつしたをはくのは嫌だというわがまま)



そんなとき、実家のゆたんぽがなつかしくなるのです。



正確には……

「湯」たんぽではなくて「ネコ」たんぽ。

私は「にゃんたんぽ」とよんでいました。



「ねるよ~」というと、てけてけやってきて私のおふとんのなか、ちょうど足もとのあたりにまるくなるにゃんこがひとりいたんですね。

20190131215757bc1.jpeg

小柄な子が多いうちのにゃんこたちのなかでは、わりと大きめでふわふわのちょんこさん。


あったかかったなぁ……

はぁ……

にゃんこがいない冬がこんなにさむかったなんて。
(身も心も)



ということで、さむい日にうれしいゆたんぽの絵本を1冊。

20190131215553f0f.jpeg

『わたしのゆたんぽ』きたむらさとし、偕成社


おふとんのなかから逃げだしたゆたんぽを、「わたし」の足が追いかけていきます。

どんどん逃げるゆたんぽ。
どんどん追いかけるわたしの足。

いったいどこまでいくのかしら。




さむい日はまだしばらくつづくかな。


じつは、私はほんもののゆたんぽを使ったことがないんです。
いまはにゃんたんぽもいないしなぁ。


ゆたんぽ、買おうかしら。


(N)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaのスタッフが交代で更新します。お気に入りの絵本や、「旅」の思い出、日常のヒトコマなどを綴っていきます。どうぞのぞきにきてください。