FC2ブログ

かぼちゃ

sola日記
09 /21 2018

あついのが苦手なのでうれしい季節になってきました。

だんだんすずしくなってきて、
窓をあけていると金木犀のいい香りがしてきます。

香りもすきだけど金木犀のお茶もおいしくてすき。



さて。

まだちょとはやいですが、ママから大きなかぼちゃをもらったのでハロウィンにむけてかぼちゃの絵本をご紹介。

201809210134324e4.jpeg

『パンプキン』ケン・ロビンズ/作・絵、千葉茂樹/訳、BL出版

ハロウィンといえば、ジャック・オ・ランタンですね。おばけかぼちゃですね。

あれってどうやってつくるのかしらという写真絵本。

種がまかれて、
大きく育って、
収穫されたらランタンに。




うちはべつにランタンをつくる習慣があるわけではなく、家族みんな単純に大きなかぼちゃがすきなのです。
(ちいさなかぼちゃもすき。大きな切り株とかもすき)

たいていパパやママが軽井沢や青森のおばあちゃんのところにいったときに、そこらへんの農家から格安でもらってきます。

そうやって我が家にやってきたかぼちゃは、ころころしたちいさなかぼちゃたちに囲まれてリビングのテーブルにどーんとおかれるんですが、いまのところ5年前くらいのかぼちゃが過去最大。

201809210127479c0.jpeg



そこでひまな学生だった私は、せっかくだからとジャック・オ・ランタンをつくってみました。

それがこちら。

20180921012943697.jpeg


2018092101320376f.jpeg


わりと上手じゃない?
そんなことない?

適当にやったわりにはうまくできたので、自分ではまあ満足。


ジャックと名付け(そのまんま)かわいがっていましたが、切ってくりぬいたせいでそうそうに腐りはじめてしまい、ジャックの命は数日で尽きました。



ジャックよりはちいさな今年のかぼちゃ。

気が向いたらジャックJr.にでもしてあげようかな。




(N)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaのスタッフが交代で更新します。お気に入りの絵本や、「旅」の思い出、日常のヒトコマなどを綴っていきます。どうぞのぞきにきてください。