FC2ブログ

バレエの絵本

sola日記
07 /17 2018
週末、バレエの公演をみてきました。演目は「眠れる森の美女」。美しいオーロラ姫とすてきな王子さまの踊りに見惚れて、軽やかにジャンプを繰り返すブルーバードに感嘆! 約3時間、夢の世界を楽しみました。

「眠れる森の美女」のもとになっている話は「いばら姫」ですから、大筋はみなさんご存知だと思いますが、こちらの絵本はバレエのバージョンがよくわかるのでおすすめです。
エラというバレエの大好きな女の子が、「眠れる森の美女」の物語に入りこんでしまう話。

エラと眠れる森の美女_convert_20180717172951
『エラと『眠れる森の美女』』ジェイムズ・メイヒュー作/灰島かり訳/小学館

バレエと聞いて多くの人が思い浮かべる演目は、「白鳥の湖」でしょうか。「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」とともにチャイコフスキーの3大バレエです。

こちらの絵本は大判で、独特の雰囲気のあるうつくしい絵が堪能できます。物語がくわしく、巻末には「白鳥の湖」のみどころの解説もあるので、どちらかといえば大人向きかもしれません。

ものがたり白鳥の湖_convert_20180717173031
『ものがたり白鳥の湖』ものがたり白鳥の湖編集室文/ガブリエル・パチェコ絵/吉本真悟巻末エッセイ/エディション・エフ

最後にもう1冊。
バレエを習っているエマとバレリーナのジュリア、ふたりの1日が並行して描かれた絵本です。作者のマクリントックさんが来日したときに講演を聞きにいきましたが、この絵本を作るためにバレエ学校を取材して、ご自分でレッスンまで受けたとおっしゃっていました。まだ習い始めの子どもとプロのバレリーナの足先のちがいまでしっかり描き分けられているのは、そんな調査の賜物なのだろうと思います。

ふたりはバレリーナ_convert_20180717173054
『ふたりはバレリーナ』バーバラ・マクリントック作/福本友美子訳/ほるぷ出版

それほどくわしくはないけれど、バレエは大好き。秋には「ロミオとジュリエット」をみにいく予定です。
バレエの絵本はほかにもお気に入りがあるので、またご紹介します。(YS)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaのスタッフが交代で更新します。お気に入りの絵本や、「旅」の思い出、日常のヒトコマなどを綴っていきます。どうぞのぞきにきてください。