お料理

sola日記
06 /29 2018

うちのママはお料理上手です。

遊びにきた友だちなんかによく「ママがあれだけお料理上手だからお料理上手になりそうだね〜」といわれてきましたが、そうでもありません。



なぜなら……

私がつくるよりママがつくったほうがおいしいから。


おいしいごはんを食べてきたから舌だけはこえていて、じぶんでつくってもそんなにおいしくないんですね。(まずくもない。いたってふつう)



だからじぶんではあまりつくらず、私のお料理の腕はさして上達せずにいままできましたが……




でも、

最近はそんなママからお料理をならっています。(来月お引越しをすることになったのでやらざるをえなくなってしまった)



ならっているというか、
ママがお料理をするときに家にいると

「つくるよ〜みる〜??」

と声がかかるので

「みる〜」

となります。



そしてみておぼえます。
ここ数日でおぼえたのは……

・とんかつ
(しょっぱなから揚げもの)

・煮たまご
(常備菜。ついでに大根もいれてみた)

・ナスの煮びたし
(冷えてもおいしい。大好物)

・餃子
(私の好みにより大葉を大量にいれてみる)

・冬瓜スープ
(我が家の定番。梅干し入り)


そしてあまったおかずは翌日のお弁当になります。(というよりお弁当にしたいからあまらせます)

201806290811528d1.jpeg


彩が足りないとかでたまにママに手直しされますが。

20180629081140cda.jpeg


お弁当箱も最近かわいいのを買ったので、がんばって毎日つくってるんですよ。
(そんに自慢することでもない?)



いきなりママのようにはつくれなくても、みておぼえて、そしてじぶんでつくってみて、なんとなくママのお料理の感覚とかを私も身につけていけたらいいなぁと思っています。



つぎは天ぷらをならおう(みよう)と思っているので、今回は天ぷらの絵本。

20180629065246a00.jpeg

『おばけのてんぷら』せなけいこ/作・絵、ポプラ社


天ぷらのいいにおいにさそわれて、おばけはうさぎの家にやってきます。

だけど、うっかりじぶんがあげられそうになってしまいます。



これも、ちいさいころにたくさん読んだ絵本の1冊。



天ぷらが食べたくなりますね。



私は大葉の天ぷらがすき。
(というか大葉がすき)


さつまいもとかきのこもすき。



油が苦手で揚げものはよくおなかがもたれるのに、いつも天ぷらは食べすぎて後悔してます。



ついでに、天ぷらそばもすき。


おいしい天ぷらがつくれるようになるといいなぁ。



うん、がんばろ。



(N)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaのスタッフが交代で更新します。お気に入りの絵本や、「旅」の思い出、日常のヒトコマなどを綴っていきます。どうぞのぞきにきてください。