ペンギンの……

sola日記
06 /08 2018
こないだ水族館にいってきました。


テーマパーク系はあまり得意ではないんですが、水族館はすきなのです。(屋内だから。そして水があってすずしいから)

去年もそんなこといって水族館にいった話をしたようなしてないような……




さて、今回いったのはスカイツリーのところにあるすみだ水族館。


そこになんとペンギンの赤ちゃんがいたんですね。

ペンギン

この赤ちゃんペンギン、名前を募集してたので私もちゃっかり応募してきました。


おとなペンギンたちのごはんタイムをながめながら、はっと思いついて決めた名前がこちら。





ペンギンの「ぎんなん」





かわいいでしょ?
(そんなことない?)



ペンギンの名前が「ぎんなん」に決まったらまた会いにこよう。


が、投票したあとに気づいたんですが、投票にあたっての注意書きがひとつありました。


"ペンギンの名前は「元気な東京」がテーマです"


……だから「はなび」とか「まつり」とか「わっしょい」とかそんな名前のこが多かったのね。



でもまあ東京都の木が「イチョウ」だし、いっかな。



はたして、ペンギンの「ぎんなん」に会いにいける日はくるのでしょうか。(名前がいつ決まるのか知らないけど)




ということで、最後にペンギン絵本をご紹介。

okorinbomama
『おこりんぼママ』ユッタ・バウアー/作、小森香折/訳、小学館


作者のユッタ・バウアーさんは、ドイツの絵本作家さんで私のお気に入りの絵本作家さん。2010年に国際アンデルセン賞画家賞を受賞しています。


ママにどなられたために、からだがバラバラになってしまったペンギンのぼく。

世界中へとびちったぼくを探してくれたのは……?



出だしちょっと衝撃的。でも、心がやさしく包まれるようなペンギン親子のお話です。





ところで水族館でいちばん衝撃的だったことといえば……


さかさくらげ
このサカサクラゲ。


世の中にはおもしろいいきものがたくさんいますねぇ。


ちなみにペンギンのことをよくしりたいなぁと思ったら……
Solaでつくったこちらもどうぞ。

ペンギンのこと
『ペンギンのこと』(自然スケッチ絵本館)、キャスリン・シル/文、ジョン・シル/絵、坂口美佳子/訳、玉川大学出版部

ペンギンのぎんなんはマゼランペンギン。

地面に穴を掘って巣をつくるペンギンだそうですよ。




つぎはどこの水族館にいこうかな。


(N)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaのスタッフが交代で更新します。お気に入りの絵本や、「旅」の思い出、日常のヒトコマなどを綴っていきます。どうぞのぞきにきてください。