4万歩

sola日記
05 /09 2018
連休中、自宅から新座駅までのあいだを歩いて往復してみました。4万歩ほどの道のりをマンホール中心に紹介します。

いちばん迷子になりにくそうなルートにしました。東京外環自動車道に沿って走る国道298号線で戸田市を抜けて和光市へ。そこから国道254号で朝霞市、そして新座市へと向かいます。

ルート

戸田市のマンホール。レガッタとモクセイとサクラソウがデザインされています。1964年の東京オリンピックで戸田ボートコースがレガッタの競技会場になったそうです。

戸田市マンホール

美女木ジャンクション。交通情報でよく耳にします。

美女木ジャンクション

荒川を渡ります。さきたまおおはし。「埼玉大橋」かなと思いきや、

さきたまおおはし

橋からの眺め1

橋からの眺め2

「幸魂大橋」でした。

幸魂大橋

和光市のマンホール。サツキとイチョウがデザインされています。中央の市章は「和(輪)」と「光」。

和光市マンホール

けっこうきつい坂があります。

和光市の坂

朝霞市のマンホール。ツツジです。市章は「アサカ」の3文字で飛鳥をデザインしているそうです。

朝霞市マンホール

このマンホールもすてき。

朝霞市マンホール2.

いよいよ新座市です。コブシとモミジがデザインされています。市章は「ニ」と「ザ」。二重円の部分が「二」で、ちょっとロケットみたいなのが「ザ」。

新座市マンホール

新座市のイメージキャラクター「ゾウキリン」のマンホール。「雑木林」を読みまちがえてやってきたらしい。

ゾウキリン

新座駅に到着。

新座駅

帰り道。幸魂大橋から東京スカイツリーが見えました。(J)

スカイツリー遠景
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaの3人のスタッフが毎週1回ずつ(WEB担当のSFは毎月1回)交代で更新します。お気に入りの絵本や、「旅」の思い出、日常のヒトコマなどを綴っていきます。
どうぞのぞきにきてください。