むかしむかし

sola日記
05 /02 2018
昔話の結びのことばというと、どんなものを思い出しますか? わたしは「いきがぽーんとさけた」と聞くと懐かしい気持ちになります。たぶん子どものころ耳にしていたのでしょう。べつの地方出身の家人は聞いたことがないといいます。

そこで、『子どもに語る 日本の昔話(全3巻)』から結びのことばを拾って、地方ごとに並べなおしてみました。

◎東北地方
どっとはらい(青森県)、どんどはれ(岩手県)、どんと はらい(岩手県)、それっきり、どんどはれ(岩手県)、どんどはらい(岩手県)、どんどはらえ(岩手県)、こんで、どんとはれだ(岩手県)、こんで、一期さけえた(宮城県)、これで、えんつこもんつこ、さげだ(宮城県)、とっぴんぱらりのぷう(秋田県)、とっぴんぱらり、さんしょの実(秋田県)、とーびんと(山形県)、どんびんさんすけ ほらの貝(山形県)、どっべからっこ、ねっけど(山形県)、どんぱらり(福島県)、ざっと昔、さかえもうした(福島県)、ざっと昔、栄えた(福島県)、ざっと市が栄えた(福島県)、まあ、こんでしまい(福島県)

◎関東地方
ざっと昔は終いもうした(栃木県)、昔はそれっきり(群馬県)、そればっかり(群馬県)、昔はむくれて、今ははじけた(群馬県・東京都)

◎中部地方
いきがポーンとさけた(新潟県)、いきがポーンとさけた、なべのしたガラガラ(新潟県)、これでいちごさけた、どっぺん(新潟県)、これで、一期栄えもうした(新潟県)、後はないけど(新潟県)、これで、ばっちりこ、柿の種三つ(富山県)、きっぺりちょ(石川県)、すんだりべったり、がんなます。がんのなますはうまかった(福井県・京都府)、それっきり(山梨県)、そればっかし(長野県)、そればっかり(長野県)、しゃみしゃっきり(岐阜県)、これで、ちょっきり、きのこわし(岐阜県)

◎近畿地方
そうらいごんぼ(滋賀県)、いちごぶらり(京都府・兵庫県)、めでたし、めでたし(兵庫県)、もうそんだけ(和歌山県)

◎中国地方
それ、こっぽり(鳥取県)、むかし、こっぽり(鳥取県)、昔こっぷり(鳥取県)、昔こっぷり、ごんぼの葉(鳥取県)、昔こっぽし、ひいごの巣(島根県・広島県)、昔、かっぷりこ(広島県)、昔、こっぷり、山の芋(岡山県)、昔こっぴり、どじょうの目(岡山県)、昔こっぷり、どじょうの目(岡山県)、昔こっぽり、大山やまのとびのくそ、ヒンロロウ、ヒンロロウ(中国地方)、昔こっぷり、どうらんけっちり(中国地方)

◎四国地方
もうなし、しゃんしゃん(香川県)、これでしまい。あとの話はどんがになったやら、ねこが食うてわからんと(香川県・徳島県)、昔まっこう、さるまっこう(高知県)

◎九州地方
それっきり(福岡県)、もうすこし、米ん団子三つ(大分県)、そぎゃんこったい(熊本県)、これで、しみゃあたい(熊本県)、こんかぎりのむかあし(鹿児島県)、そいぎり(鹿児島県)、昔語り、おしまいでろ(鹿児島県)

「どんとはらい」や「とっぴんぱらりのぷう」や「いちごさけた」はなんとなくなじみがありますが、ほかにもいろいろあるんですね。外国の昔話にもあるようなので、また調べてみたいと思います。

昔こっぷり、どじょうの目。(J)

日本の昔話1
『子どもに語る 日本の昔話1』(稲田和子、筒井悦子 再話/こぐま社)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaの3人のスタッフが毎週1回ずつ(WEB担当のSFは毎月1回)交代で更新します。お気に入りの絵本や、「旅」の思い出、日常のヒトコマなどを綴っていきます。
どうぞのぞきにきてください。