トリ

sola日記
10 /12 2017
スタッフ紹介にちなんだ絵本紹介(その4)です。


今回は、みんなの絵を描いてくれたSFさんのトリで。
トリ

©️Sachiko Fujimoto


トリの本もたくさんあって、私もトリすきなので、すきな本もたくさん。
(なんだかんだ動物全般すき。ついでにいうと植物もすき)


そのなかから、一冊。
フルリーナ

『フルリーナと山の鳥』ゼリーナ・ヘンツ/文、アロイス・カリジェ/絵、大塚勇三/訳、岩波書店

スイスの絵本作家カリジェの絵本。
(カリジェは、これまたママからつづく我が家のお気に入り。むかしから軽井沢のおうちに絵がかざってあります)

SFさんは山にいくのがすきとのことなので、山の鳥の絵本にしてみました。


夏のあいだ山へいくフルリーナの家族。
キツネにおそわれそうになったオオライチョウのひなをみつけたフルリーナは、ひなを山の小屋へつれてかえります。

うつくしくそびえるアルプスの山々、
自然や動物たちとともにすごす、
素朴ながらもあたたかい山でのくらし。

そんな澄んだ世界が描かれたきれいな絵本です。


おなじカリジェが絵をかいた『ウルスリのすず』はフルリーナのおにいさんウルスリのお話、『大雪』は兄妹ふたりのお話です。

ウルスリ

『ウルスリのすず』ゼリーナ・ヘンツ/文、アロイス・カリジェ/絵、大塚勇三/訳、岩波書店

大雪

『大雪』ゼリーナ・ヘンツ/文、アロイス・カリジェ/絵、大塚勇三/訳、岩波書店



山ずきのひとはぜひ。




さて、
スタッフ紹介シリーズはつぎでさいご。
(今後もちょこちょこでてくるとおもうけど)


ラストはリーダーのラクダです。


うーん、

なやましい。


(N)
スポンサーサイト

クマ

sola日記
10 /05 2017

スタッフ紹介にちなんだ絵本紹介(その3)です。


Jさんのクマにちなんで、クマの絵本。

クマ

©Sachiko Fujimoto

クマの絵本はたくさんあるので、
どれにしようかな、という感じでしたが……


私も最近よんだので、こちらをどうぞ。
(動物としてのクマの絵本とはちょっとちがうけど、主人公はクマですよ)

ヘンリー

『ヘンリー フィッチバーグへいく』D. B. ジョンソン/文・絵、今泉吉晴/訳、福音館書店

作者が、ヘンリー・デイビッド・ソローの『ウォールデン 森の生活』のある一節に着想を得て描いた絵本。


クマのヘンリーとともだちは、48キロはなれた美しいまちフィッチバーグへとむかいます。

ヘンリーはあるいて、
ともだちはお金をかせぎ汽車にのって。

苦労しながら自然のなかを、ヘンリーはもくもくとあるいていく。おなじころ、ともだちは仕事をしてお金をもらって、汽車賃をためていきます。


考え方のちがうふたりの旅。

どちらがいいかはひとそれぞれ。
もっとちがう方法がいいひともいるかもしれない。



自然のなかにたのしみをみつけながらどんどんあるいていくクマのヘンリーに、おさんぽずきでたくさんあるくJさんが重なりました。


「ヘンリー」シリーズ、これ以外にあと3冊あるようです。
(私がよんだのはまだこれだけ)




風がきもちいい季節になってきました。

私も、お花やちいさないきものたちをたのしみつつ、
ふらふらおさんぽにでもいこうかしら。


ヘンリーやJさんみたいにね。


(N)

本作り空Sola STAFF

本作り空Solaも今年で13回目の春を迎えます。
新しいスタッフとともに「Solaスタッフブログ」を始めてみることにしました。
四季の移り変わり、本や子どもをめぐる雑感などをゆっくりしたペースで綴っていこうと思います。気が向いたらのぞきにきてください。